【横浜市鶴見区の英会話教室】スワンアカデミー

学生時代の英語学習の時は、授業が退屈でろくに頭に入ってきませんでした。 今になって果たして形容詞の並び方を教わったのか思い出せない。

最近は意識せずに自然に複数の形容詞を並べて話していますが、いざどういう順番でふと疑問に感じ、整理してみました。

参考になるサイトをリサーチしてみると結構ありますね。必ずと言って以下のような表が記載されていました。



one, two, many, someなど
主観 pretty, beautiful, difficultなど、最後に「い」で終わる形容詞
サイズ big, small, tallなど
温度 hot, coldなど
年齢 old, young, newなど
round, square, flat, sharpなど
red, black,dark, vividなど
起源・出身 Japanese, Spanish, Asianなど
素材 metallic, wooden, cottonなど
目的 walking, shopping, makingなど
名詞 boy, dog, carなど

ジョー先生にこれについて聞いてみるとこの通りですが、「これを意識しながら話しているネイティブの人はいないと思うよ。」と言ってました。

日本語でも同じく言葉の表現を意識して話していませんね。
どうしてそういう順番なのかと聞かれても困ってしまうでしょう。

とは言え、英語を第二言語とする場合、上記の順は一度理解して置いても無駄ではないですし、ネイティブの人に違和感を感じさせることもないです。
しかし慣れるまでは、混乱してしまいますね。
複数の形容詞を使うといっても普通に2個で多くても3個ですね。
自分でよく表現する形容詞節から訓練していくと無意識に思考、発言できるようになるでしょう。

わかりやすく例文にしてみます。

  • きれいな長い黒髪 → beautiful long black hair (主観+サイズ+色+名詞)
  • 5人の背の高いヨーロッパ人の少年 → five tall European boys(数+サイズ+出身+名詞)

1日10分でもいいので、家の中にあるものを見ながら、英語脳で形容詞節が浮かぶくらい繰り返しトレーニングしてください。